雑考閑記

雑考閑記

雑な考えを閑な時に記す

第8回テキレボにかかる上京記(2019年3月21日:2日目:テキレボ余滴)

 3月21日(木、祝)開催の『第8回Text-Revolutions』(以下、テキレボ)に参加するため、20日(水)から24日(日)までの五日間ほど旅の空に出ていた。21日(2日目)のテキレボそのものについては、蒸奇都市倶楽部の売り子として参加していたので、サークルとして書けることはそちらのイベントレポートに譲る。

 

steamengine1901.blog.fc2.com

 こっちではテキレボのあった2日目の、イベントと直接は関係のなさそうなこととこぼれ話をだらりと記していく。

 

 一日目はこちら。

ks2384ai.hatenablog.jp

 

 

 

3月21日(木)春分の日

会場入りまで

 5時ごろの目覚め。片頭痛の予兆。シャワーと髭剃りで気分転換を図る。7時半の出発までまだ時間があるので、片頭痛を引き起こさないよう再び横に。
 軽くニュースを見ていると、昼ごろに雨が降るも気温は20度前後で5月並みの気温だそうだが、土日には冷え込むという。傘は持ってきているが、実際に降られると荷物やら体調やらで面倒である。宿から会場まで歩いて20分ほどであるが、雨模様ならばバスでも使おうかとつらつら考えているうちに眠る。

 6時45分起床。天気予報の内容は変わらず。

 軽く食べて、予定より早く7時ちょっと過ぎに宿を出た。
 先に街に出て買っておきたいものがあるからで、早く済むならそれに越したことはないからだ。
 都バスの車内で500円の都バス1日乗車券を求めてから上野へ。都バスは1回210円(ICは206円)なので、3回も乗れば元は取れる。上野にて明日使う『東京フリーきっぷ』を入手。この切符の詳細は明日に譲る。
 上野から都バスか銀座線で浅草に出れば設営に余裕で間に合う。のであるが、ここで宿にカメラを忘れていたことに気付く。やむなく上野に出たのと同じ系統のバスで宿へ取って返す。都バス1日乗車券のおかげで金銭的には苦にならないが……。
 カメラを手に浅草に戻って来たときにはすでに設営開始時間を過ぎていた。バス停の関係から会場へは浅草寺を抜けていく必要があるのだが、もう遅れているのだしと開き直って、蛇骨湯の外観と凌雲閣の跡地を軽くめぐることに。

f:id:KS-2384ai:20190401000544j:plain

5月末で廃業との情報がある浅草の蛇骨湯

 蛇骨湯は江戸期から続いているとされる老舗で、水道水を沸かしたお湯ではなく本物の温泉を使っている銭湯だ。幕末も震災も空襲も乗り越えて現在までやってきた蛇骨湯であるが、この5月いっぱいで廃業すると聞いていたので、その名残を惜しんで外観だけでもと思い撮影をしてきた。本来ならば入湯するのが筋なのであるが、今回の日程的に立ち寄るのが厳しく、何度か入った思い出を胸に別れを告げてきた。*1

f:id:KS-2384ai:20190401001058j:plain
f:id:KS-2384ai:20190401001046j:plain
f:id:KS-2384ai:20190401001034j:plain
浅草十二階こと凌雲閣関連の案内。


 凌雲閣は、何度か前は通ったことはあるが肝心の記念碑を撮影していなかったので、これを機に撮っておく。これに限らず、戦前の浅草は某都市倶楽部の「帝都」の源泉というかイメージソースに欠かせぬ大事な街である。

f:id:KS-2384ai:20190401000548j:plain

△今に凌雲閣はなく、新旧二つの塔を眺めながら会場へ。

 

 会場に着いたのは9時45分ごろで、すでに設営が済んでおり、サークル参加者はほぼフリーで入場できる状態であった。サークルチケットの確認は10時からしますとのことで、場内へと入った。以降はサークルのレポートに引き継ぐ。

 

steamengine1901.blog.fc2.com

 

中抜け

 個人行動の部分を記す。
 よんどころない事情により中抜けして宿へ。存外に早く用件が終わり、戻ると告げていた時間までにかなり余裕が生じた。早く戻ってもよかったのであるが、昨日の今日でまたカフェ・バッハへ寄りたくなる。
 昨日はケーキがほとんどなかったけれど、昼時ならばかなり残っているのでは。そんな考えが脳裏をよぎったのだ。というわけで二日続けてカフェ・バッハへ足を運ぶ。はたしてケーキはあった。それもかねてより目当てにしていたキルシュトルテ(シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ)が。

 頼まないわけにはいかない。浅煎りのブラジルWとセットで注文する。柔らかな生クリームとチョコの苦味と食感、サクランボの酸味が美味しいケーキであった。

 ただ、カウンター席であったので店員に気兼ねして写真は撮っていない。

 

 引き続きの部分はテキレボのレポートへ。

 

こぼれ話

 こっちにはレポートのこぼれ話を書いておく。

 久々の参加なので買いたいものをじゃんじゃん計上していったら6万近くになった。心苦しいが全部を買えるほどの余裕はないので、選定させてもらった。
 それでも馴染みのところばかりにはならないように、3割ほどは買ったことのないサークルやジャンルを選んだ。固定化や惰性化は望むところではないのでね。これはちょっと前の記事の部分にもかかってくるところ。

  具体的な使用額は伏せるが、チケット20セットぐらいにしてもよかったかな、ぐらい。なんの本を買ったのかはこのブログでの感想をもって代えさせていただきます。

 

オランジェット

 差し入れとして伊織さんにいただいたオランジェットはその日のうちにすぐ食べました。家に帰って調べるまでオランジェットがどういうものか知らなかったので、この時はチョコレート菓子だからチョコの固めの食感かと思って口にしたのであるが、その予想に反して柔らかいスニッカーズのような食感と柑橘系の香味が広がる。
 オレンジピールをチョココーティングしたものなので、柔らかい食感はメインとなるオレンジの果皮のものなのであろう。柑橘系風味のチョコというよりは、チョコ風味の柑橘系のお菓子であった。
 美味しゅうございました。ありがとうございます。

浅草地下街


 懇親会の後、非公式打ち上げの場に直行してもまだ開始時間に余裕があるぐらいだったので、浅草地下街に寄ってあれこれと見てきました。
 浅草地下街は現存する日本最古の地下街で、なかなかに楽しいエリアでありました。探訪記みたいなのはネットにいくらも上がっているので、僕は多くを語らずに、末尾に厳選した写真をまとめて掲載しておきます。

f:id:KS-2384ai:20190401000657j:plain

東武浅草駅の時刻表。平日ダイヤと土休日ダイヤを併記する形式は初めて見たかもしれない。右上の備考欄で見分けないといけないので割と面倒。

就寝まで

 宿に戻ったのは日付が変わる前で、イベント後としては異例の速さであった。シャワーを浴びてのんびりとニュースを見るのも、イベント絡みの上京では初めてな気がする。
 最初のうち、ニュースは今日の風が非常に強かったことや天気が良かったことなどが報道されていたが、途中からほぼ各局ともにイチロー現役引退のインタビュー中継やニュースに塗り替えられていた。イベント後の三畳一間の安宿で荷物を整理しながら、一つの区切りを見るという体験をしたわけだ。だから何、というわけでもないが。

 24時半就寝。

 

三日目へ。

浅草地下街の写真

f:id:KS-2384ai:20190401002858j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401002903j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000605j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000601j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000610j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000613j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000618j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000622j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000630j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000634j:plain

f:id:KS-2384ai:20190401000643j:plain

いわゆるディープスポット的な扱いをされているようだ。

 

 

 

*1:余談であるが喫茶「アンヂェラス」も3月に閉店していたようだ。