雑考閑記

雑考閑記

雑な考えを閑な時に記す

有言実行(感染対策スペースの予行演習)

 即売会で売り子をするにあたっての新型コロナ感染対策のお話の続き。

 お題目や心がけは前の記事で述べたので、実際にそれを形にする。

仕切り(パーティション)や本を封入する袋など、想定される必要な道具を整え、会議室(というか長机)を借りて設営の予行演習を行う。 この予行演習はすでに実施済みで、その様子は別途でお伝えする。感染防止に取り組んでいるという姿勢はしっかり目に見える形で公表しておきたいからだ。

追思と心掛け - 雑考閑記

ks2384ai.hatenablog.jp

 

 この記事では実際に設営の予行に取り組んでの所感を述べていく。今回は蒸奇都市倶楽部の感染対策としての予行であったが、いずれのイベントでも僕が赴くのであればサークルを問わずに実施できる取り組みでもある。

 蒸奇都市倶楽部の報告はサークルのブログを読んだほうが早いです。

steamengine1901.blog.fc2.com

 

  以下、僕の所感は例によって細大漏らさず書いていくので長くなります。

 あとはお小遣い稼ぎも兼ねて、実際に購入した商品のアマゾンのアフェリエイトもちょくちょく貼っておく。商品のレビュー的なところもあるので。*1

 

 

 

*1:個人的所感の表明および公開にあたっては蒸奇都市倶楽部の承諾を得ています。

続きを読む

追思と心掛け

 今後も即売会などに売り子として参加するであろう身として、昨今の情勢を見て思うところを記す。

コロナの中でものを売るということ

 今後も感染が収まるか見通せない中で売り子をするとして、やはりものを売る側として感染防止策は避けては通れないだろう。運営や会場に対策を任せきりではあまりに無責任というもの。私が売り子をするイベントはコミケットではないが、それでもあの「全員が参加者」精神は大事だと考えている。

 参加者の一員として自分がものを売る立場になるのだから、そこには当然ものを売る人間としての責任が生じてくる。すなわちこの状況では「感染対策を」となるわけである。

 

 私はイベント運営の立場になったことはないが、もしどこかのイベントでクラスターが発生したら、非難の矛先がイベントとその運営に向くのは容易に想像できる。それを思うと実に忍びなく、そうならないように可能な限りの対策を行って会場へ行きたい。逆にいうと私自身が対策を取れないなら行くべきではないと考えている。

 

売り子やサークルとしてできる感染対策

 心構えはさておき、実際に現地で売り子をするには個人で取れる対策の考案とそれを実行に移すための準備だ。

 仕切り(パーティション)や本を封入する袋など、想定される必要な道具を整え、会議室(というか長机)を借りて設営の予行演習を行う。

 この予行演習はすでに実施済みで、その様子は別途でお伝えする。感染防止に取り組んでいるという姿勢はしっかり目に見える形で公表しておきたいからだ。

1月13日追記:予行演習の様子は直下の記事となる。

ks2384ai.hatenablog.jp

 

 むろんこうした設営面とは別に、マスクないしフェイスガードの着用、売り子の人数を限る、しゃべらない、会場での食事を避けるなど、人的な面での対策も行っていく。

 予行演習も一度で不安なら二回目三回目があってもいいだろう。

 

 ところでこうした一連の対策は、私自身が参加者として勝手に自分に責任を感じて課しているだけの話である。他の参加者も同様に対策をしろ、と同調や圧力を求めるものではない。

 そもそも私が行わんとしている対策とて万全か、完璧かと問われたら、どうだろうかという不安が残る。こういうものはそれぞれができる範囲で対策を行って感染防止に努めていくしかない。

一番の対策

 ちなみに一番の感染防止策は会場に行かないこと、すなわち欠席である。

 少しでも直近の感染状況や、会場における自他の感染対策に不安を覚えるのならば欠席する。たとえ決断が前日になっても構わない、いつでも「欠席」という選択を視野に入れておく。これも大切な感染対策だとしっかり認識し、躊躇なく採れるようにしておきたい。

 

 新常態という言葉は日常がじわじわ侵されていく感じがしてあまり好きではないのだが、感染対策については新しい良識として身に着け、習慣化せねばやむを得ない状況になってしまった。流行前のような状況に戻ってくれるのが一番ではあるのだが、神頼みならぬコロナ頼み、なかなかそうもいかないようで。

 未来は読めないが、各々が置かれた状況で前向きにやっていきましょう。

 

 

蒸奇都市倶楽部での監修がしていること

 私が監修として携わっている蒸奇都市倶楽部の新刊『鐵と金剛』が2021年から発売(頒布開始)となる。(記事を書いている12月末時点では事前通販型イベント『テキレボEX2』のみで取り扱い中。)

 

 しれっと「監修」と書いたが、そもそも私が蒸奇都市倶楽部の監修として何を行っているのか。この記事ではそれを説明していこうと思う。(記事の公開にあたって蒸奇都市倶楽部の許可を得ています。)

 

以下、宣伝を挟んで本文。

 

 作品の詳細は蒸奇都市倶楽部のブログをどうぞ。

steamengine1901.blog.fc2.com

 テキレボEX2での取り扱いは蒸奇都市倶楽部のツイッター経由でどうぞ。(イベントは1月11日までです。)

 

続きを読む

『抵抗都市』

抵抗都市

佐々木譲

集英社、2019年12月20日 第一刷発行

初出:『小説すばる』2018年10月号~2019年9月号

 

日露戦争に敗れた世界の日本のお話。

 

抵抗都市 (集英社文芸単行本)

抵抗都市 (集英社文芸単行本)

 

 

 時代は第一次世界大戦の開戦から2年後、1916年。
 ポーツマス講和条約により外交権と軍事権を取り上げられた日本は、都心部にロシアの総監府が置かれ軍も進駐してきている。小石川の東京砲兵工廠はプチロフ*1の東京工場となり、主要な道路はクロパトキン通り、マカロフ通りなどロシア風に改められている。
 完全に占領されているわけではなく、日本政府も皇室も存続している。

 そうした状態を作中、反露派や反帝派からは保護国、属国と言われ、政府や親露派はこれを「二帝同盟」と呼んで肯定している。日本はこの同盟に従い陸軍師団を欧州戦線に派兵している(ガリツィアでオーストリア軍と戦闘したとある)。

 

 というのが大まかな背景設定。

 

 わくわくしない?

 僕はしたので読んだ。


以下、ネタばれ注意

 

*1:作中における工業会社。ニコライ・イワノビッチ・プチロフによって買収されたキーロフ工場あたりがモデルか?

続きを読む

民営から公営の北神線と神戸市営バス最北のバス停

 先日、神戸へ出た折に神戸市営交通の北神線に乗ってきた記録。 (阪急電車のパタパタを確認したついでの旅。)

ks2384ai.hatenablog.jp

 記録と書いたけれど、例の悪癖によってめちゃ長くなった。

 

  • 民から公へ
  • 神戸市バス64系統
  • 箕谷にて
  • 神戸市バス111系統~最北のバス停~
    • 衝原~沈んだ集落~
  • 111系統~谷上駅への延伸~
  • 谷上駅~市交通局の管轄となった駅~
  • 市営地下鉄北神線に乗る
  • 神戸市バス2系統~たぶんドル箱路線~
  • 参考サイトと記事

 

続きを読む

4か月だけのスタンプ-西日暮里

 3月14日に山手線に高輪ゲートウェイ駅が開業した。

 駅名決定から人、天候共に大荒れの開業日まで色々な話題を呼んだ同線の新駅であるが、その開業と同時にこれまで最も新しい駅であった西日暮里駅(年開業)は「二番目」に新しい駅になった。その西日暮里駅の駅スタンプが新駅開業の余波で秘かに新しくなったのも話題になった。

 

arakawa-story.com

j-town.net

 

 新型コロナ情勢でとうの昔のように感じられるが、まだ4か月前のことである。

 しかしその4か月目にして西日暮里の自虐スタンプは早々と姿を消してしまうことになった。

 

trafficnews.jp

 

 西日暮里も対象に含まれており、7月7日を最後に取り換えられてしまった。

 

 そのわずか4か月だけの西日暮里駅のスタンプの印影があるので記録も兼ねてここに載せておく。

 

f:id:KS-2384ai:20200718222347j:plain
f:id:KS-2384ai:20200718222400j:plain

 

 この印影の真価は高輪ゲートウェイ駅と共に捺された時にあろう。

 

f:id:KS-2384ai:20200718222331j:plain

 

必要のついでに阪急のパタパタ確認

 6月中旬に大阪へ行かねばならぬ用事があった。

 そのついでに昨年10月1日に阪急電車が駅名を変更したことに伴う駅のパタパタこと反転フラップ式表示器の確認を行ってきた。

 結果からいうと全てのパタパタが更新されて生き残っていた

 

阪急電鉄のフラップ式表示器設置駅(2019年6月現在、シワが確認したもの)

富田、総持寺、相川、雲雀丘花屋敷、岡本

 

 駅名変更前に行った確認の記事はこちら↓

ks2384ai.hatenablog.jp

 

 さっそく見て行こう。

 

 

 

京都線(富田、総持寺、相川)

 

f:id:KS-2384ai:20200621175759j:plain

 富田。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175810j:plain

 総持寺

 

f:id:KS-2384ai:20200621175804j:plain

 富田、総持寺ともに普通のみ停車なのでシンプルな表示。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175813j:plain

f:id:KS-2384ai:20200621175821j:plain

 相川。

 前二駅との違いは号線表示。

 なんだけど、撮影時間帯は4号線は使わないので無表示だった。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175817j:plain

 相川の表示器には他の駅にはない設置年月日の札が。

 しかし表記がかすれている。いつ設置されたのかは読み取れなかった。

 

宝塚線(石橋阪大前、雲雀丘花屋敷

 十三で乗り換えて駅名が変更になった石橋阪大前(旧駅名:石橋)で下車。

 石橋阪大前にパタパタはないが、この駅から分岐する箕面線の表示幕を撮影しておくための寄り道。2019年10月の駅名改称を受けた唯一の中間駅*1 であるというのも理由のひとつ。こういう機会でもないと降りるような駅ではないので。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175655j:plain

 

 しっかり変わっていた。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175700j:plain

 以前は画像のように屋根の上に乗っていたが、駅名変更に合わせ軒下に移動。

 電車のマークも白だけでの表示に変わっている。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175704j:plain

 分岐する箕面線の幕も新駅名に変更済。

 文字のサイズはすべて同じ。一体幕でもしっかり収まっている。

f:id:KS-2384ai:20200621175711j:plain

しかしここに「石橋 阪大前-箕面」と収まるのだろうか。「雲雀丘屋敷」や「天神橋筋丁目」みたいにサイズを変えて納めるのかな。「石橋阪大前箕面」?

HUB a NICE D!#4 余滴 - 雑考閑記

 

  この予想は外れてしまった。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175708j:plain f:id:KS-2384ai:20200621175715j:plain

 前面の新旧表示。

 車両の形式が違うが同じようなものだろう。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175719j:plain

 雲雀丘花屋敷

 急行停車駅の石橋阪大前も含めて対応済。

 ちなみにもう一つ新しく対応したものがある。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175752j:plain

 こちらは旧表示。

 見比べると「急行」が黒地橙文字から橙地黒文字に変わっている。

 黒地はひとつ前の急行幕で、車両では90年半ばごろまで使われていたものだ。つまりそのころから駅名が変わっていなかったため、フラップ式の方では幕の色を変える更新を行わず、従前の古い表示のまま使い続けていたという事になる。

 ちなみにこの画像ではたまたま映り込んでいた左後ろの車両が現行の橙地の急行幕を掲げている。奇しくも新旧の急行幕が一枚に収まる貴重な記録となった。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175723j:plain

f:id:KS-2384ai:20200621175728j:plain

 先着案内もしっかり対応済。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175743j:plain

 「大阪梅田」と「梅田」表示の共存。

 車両についてはまだ未更新のものが何編成か走っているようだ。

 これも運よくとらえることができた。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175732j:plain

 表示器には旧駅名表示が残っている。

 駅名の変更以前からすでに走らなくなった種別や旧停車駅も残っているのは確認済だ。新表示の札も旧表示と取り換えたのではなく新規に追加したようである。実際、表示器が回転するとまだまだ空白の札が多く、枠にかなり余裕がある。つまりこの先もまだ現役でいられる……のか?

 画像は旧表示なので急行の幕表示も古いやつ。

 

f:id:KS-2384ai:20200621175737j:plain

f:id:KS-2384ai:20200621175756j:plain

 停車駅の新旧表示。

 新表示は一行に収められているのに対し、旧表示は二行目にかかっている。

 文字数が増えたのに一行に収めたのか……。

 旧表示では急行幕も古いままなのはすでに述べた。

 また、英訳を見比べると旧表示すべて大文字で、新表示は頭だけ大文字になっているのがわかると思う。種別幕、行先幕はこの英訳の表記によっても細かく新旧が分かれているのだが、僕はそこまで追求しない。

 

神戸線(岡本)

f:id:KS-2384ai:20200621180153j:plain

 宝塚経由で岡本へ。

 駅名表示にかかるのは上り線だけ。

 

f:id:KS-2384ai:20200621180203j:plain

f:id:KS-2384ai:20200621180149j:plain

 記事の先着案内、連絡案内ともに対応済。

 

f:id:KS-2384ai:20200621180200j:plain

 いつの間にか設定されなくなっていた直通特急の表示が残っていた。

 

おまけ1:新しい改札機

f:id:KS-2384ai:20200621180216j:plain

f:id:KS-2384ai:20200621180212j:plain

 梅田の改札機が新型に変わっていた。

 銀色なのも相まってぐっとスリムになった印象を受ける。

 

おまけ2:伊丹空港のパタパタは撤去

 経路や時間の関係で大阪国際空港伊丹空港)を利用した。

 その際に空港のパタパタこと反転フラップ式表示器が撤去され、ディスプレイ式になっているのも確認してきた。昨年3月に訪れた時点では確かにパタパタだったのだが、その時やっていた空港のリニューアル工事を機にディスプレイに取り換えられたようだ。

 以下、空港の写真はすべて昨年3月に撮影したもの。 ありし日の大阪国際空港の反転フラップ式表示器をどうぞ。(新しいディスプレイ式は撮り忘れていたけれど、今のところ面白みはないので別にいいだろう。)

 

f:id:KS-2384ai:20200705145213j:plain

 全日空

 

f:id:KS-2384ai:20200705145217j:plain

f:id:KS-2384ai:20200705145223j:plain

 日航

 

 おまけついでの余談となるが、伊丹空港の正式名称はいまも大阪国際空港だ。*2 国際線の定期便発着を関空に譲った今も、である。

  これは空港法によって名が定められているからだ。法律上の正式な名前や定めと、通称や名称、実態などにずれがあるという、よく見られる構図。

 

f:id:KS-2384ai:20200705150101j:plain

 ターミナルビルは大阪国際空港。左側には縦書きで和泉、河内、摂津、山城、大和と一帯の旧国名が記されている。

 

   実際に空港法では以下のように記されている。

第四条 次に掲げる空港は、国土交通大臣が設置し、及び管理する。
 六 前各号に掲げるもののほか、国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港として政令で定めるもの
2 前項第一号から第五号までに掲げる空港の位置は政令で定め、同項第六号の政令においては、空港の名称及び位置を明らかにするものとする。
3 第一項の規定にかかわらず、成田国際空港成田国際空港株式会社が、関西国際空港及び大阪国際空港新関西国際空港株式会社がそれぞれ設置し、及び管理する。

「e-Gov法令検索 空港法」より引用(太字は引用者によるもの)

 

 第四条第一項第五号にて大阪国際空港の名が、同第三項にて設置と管理は新関西国際空港株式会社であると定められている。ちなみに運営は関西エアポート*3

www.kansai-airports.co.jp

 

 国際便がなくなったので正式な空港名から「国際」を外す向きもあったのだが、地元から変更を望まないという要望や、将来の定期国際便の復帰の芽を残したい思惑などからそのままとなった経緯がある。

 

 ちなみに国際便はいまも不定期なものが大阪国際空港を発着する。

 2019年6月末に大阪で行われたG20大阪サミットの際、米国のトランプ大統領が専用機エアフォースワンで乗り付けたのは記憶に新しい。

www.kobe-np.co.jp

おまけ3:空港にある地図

 旧国名で思い出した。

 大阪国際空港のある場所には一帯が描かれた巨大な地図がある。地図や地理が好きな人は見て行って。めっちゃ時間潰せるから。

f:id:KS-2384ai:20200705155359j:plain

f:id:KS-2384ai:20200705155441j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155405j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155411j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155416j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155420j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155426j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155430j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155437j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155446j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155451j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155457j:plain
f:id:KS-2384ai:20200705155503j:plain
クリックで拡大

おまけ4:ダイエー帝国の落日

f:id:KS-2384ai:20200621180208j:plain

 乗り換えのため塚口で降りた際に見つけたかつてのスーパー業界の雄、旧ダイエーの名残り。

 その昔はダイエー帝国と呼ばれたとかなんとか。

 いまはイオン傘下であるが、ダイエーはブランドとして存続している。

 

 ダイエーとこの記事には面白い関連がある。

 冒頭に掲げた記事内の同人イベント「HUB a NICE D!」が行われる英国風パブ「HUB」は元はダイエーの子会社だったというのだ。しかもその一号店が開かれたのが三宮だという。昨夏のイベントで参加した場所とはおそらく違うだろうが、奇妙な縁ではある。

www.pub-hub.com

 

*1:同時に駅名改称を行った阪神電車を含めると唯一ではない。

*2:乗り入れる路線バスの一部は現在も「大阪国際空港」行きとなっている。

*3:オリックスとフランスの空港運営会社ヴァンシ・エアポートを核とする共同事業体